ピアノシュレーターの耐震性試験についての試験結果について

試験方法

本試験では、水平震動台を使用し、台座上に設置したピアノに対して地震動を想定した震動を加え、ピアノの挙動を目視で観察すると同時に、主要部分の加速度及び変位を想定した。




図のように、水平震動台上に取り付けられた壁相当材から50mmはなれた位置に台座(供試体)を使用してピアノを設置した。
その後、以下に示す震動試験を行った。

(1)地震波による振動試験
入力地震波を宮城県沖地震波とする加振を行った。このときの目標最大入力加速度は400gal(試験記号;EW,NS−400)とした。なお、試験記号のうちEW及びNSは地震波の方向成分を表す。
また、加速度及び変位の測定は、次の各点について行った。
@水平振動台の入力加速度(AG1)
Aピアノ重心位置の応答加速度(AG2、AG3)
B水平振動台の水平方向変位(DG1)

(2)スイーブ試験
(1)の試験終了後、正常波によるスイーブ試験を行った。このときの目標入力加速度を600galとし、加速振動範囲を6〜1.5Hzとした。また、加振時間は60秒とした。
また、加速度及び変位の測定は、(1)と同様にして行った。


供試体番号
供試体の形状、寸法
台座
材質
使用個数
No.1
ラワン合板
No.2
合成ゴム(補強鉄板厚さ3.2入り)
No.3
化粧合板+天然ゴム
No.4
合成ゴム 強度80Hs
No.5
プラスチック

試験結果へ


Copyright(C) 2005 SHINETSU INDUSTORY CORPORATION All Rights Riserved.
本社 東京都大田区東嶺町23-7
TEL03-3752-6588 FAX03-3752-6588
群馬工場 群馬県伊勢崎市東小保方町3139-27
TEL0270-63-3991 FAX0270-63-3994
E-MAIL info@shinetsukogyo.co.jp